データベースで遊ぼう!

  Excelのオートフィルタによる解き方


 「犯人探し(ひき逃げ事件)」を例に、説明をします。


1.CSVファイルを読み込み後、見出しと列幅を調整した画面。 (データは変えてあります。)


2.データのあるセルをクリックした後、メニューから[オートフィルタ]を選択。


3.オートフィルタの画面。
 下向きの三角をクリックして、「車種」は4ドアハードトップ,「色」は青,「分類」は国産車を選択してデータを絞り込む。


4.「ナンバー」は、下向きの三角をクリックして、(オプション...)を選択。抽出条件は2つまでなので、下のように設定。


5.以上でデータが28件まで絞られました。これ以上オートフィルタを使っては絞れないので、「ナンバー」の列をキーにして並べ替えを行います。(メニューの[データ]-[並べ替え])
 千葉ナンバーが13件あるので、この中から9が後ろの方にあるものを探します。すると、条件を満たすものが1件見つかります。これが、答えになります。

 もし、オートフィルタにこだわるときは、13件の最終候補を別シートにコピーして、オートフィルタを適用します。そのときオートフィルタオプションは、次のようにします。



 もっとよいやり方や、間違っていたり、不正確な部分がありましたらお知らせ下さい。